旧借地権とは

そもそも土地の権利には、実際に所有してる方が持っている所有権と、今回紹介している借地権があります。少し面倒なのが借地権には、2016年現在、日本にある物件には大きく分けて3つの種類の借地権があります。借地権が3つに分かれた理由として大きいのが、1992年に新借地借家法ができた事です。1992年以降に、新たに借地契約をする場合には、これまでの一種類に借地権だけではなく、契約時期に改めて更新をする事ができる普通借地権と、時期が来たら必ず返却しなければいけない定期借地権の2種類が登場しました。

借地権を設定して土地を貸す場合には、普通借地権と定期借地権の2種類の借地権の内、どちらの借地権なのかをしっかりと明示しなければいけなくなりました。

そしてもう一種類の借地権が、1992年に新借地借家法ができる以前に契約している旧借地権と言われている借地権です。この旧借地権は、契約期間が決められていないような場合には、最長で60年の借地契約となっておりますので、新しく借地権付きの物件を購入する場合には、旧借地権の場合も含めて、どれだけ土地の借地権があるのかを確認する必要があります。もし、購入しようとしている物件の借地権が短いようなら、更新する際に必用な更新条件などのチェックが重要になります。

借地権の特徴

借地権にはメリットと注意しなければいけない事の二種類があります。その両方をしっかりと理解して使用する事で、よりトラブルのない生活を送る事ができます。

最初に借地権のメリットをご紹介しますと、最も大きいのが、土地は借り物ですので、固定資産是や都市計画税を支払わなくてもよくなっております。自分の所有物でないので当たり前の部分だと思いますが、これかかなり重要な事です。また、借地法に守られている土地の割合には、しっかりと法律に守られておりますので、半永久的に借りる事ができるというメリットがあります。また、お金がない方の場合には、土地の所有権付の物件が高くて買えないという方も多いと思いますが、借地権付きの物件でしたら、土地代の分だけ安く購入する事ができますのでおすすめです。

逆に借地権のある土地を使用する上で注意しなければいけない事は、固定資産是や都市計画税を支払わなくても良いけど、借りているので賃料を支払う必要があります。また、更新する時には更新料が追加される可能性もあります。また、引っ越すなどの場合に建物を売却するような場合には、必ず地主の承諾が必要院なり、譲渡承諾料の負担が必要になる場合もあります。これらは理解していればトラブルにはなりませんので、しっかり確認しておくようにしてください。

借地権の種類

現在家を建てている土地は自分のものでしょうか。それとも建物だけが自分の物で、土地は借りているのでしょうか。どちらも建物は自分の物ですが、下の土地の状態によって、そのまま遺産相続できる場合と少し面倒な場合が出てきます。

土地を借りて建物を建てる事ができる権利の事を借地権と言います。借地権は、土地の所有者に土地代を支払う事で、借りている土地の上に建物を建てる事ができる権利の事を言います。この借地権の難しい所は、土地の使用方法によっては借地権が無い場合があるのです。借地権が発生するような場合は、建物を建てるために土地代を支払って他人から土地を借りる場合に限られますので、これが建物を建てないで使用する駐車場であったり、資材置き場、農地などでは借地権になりません。

また借地権は大きく分けて賃借権と地上権の2つに分ける事ができます。それぞれ特徴があるのですが、最も違っている部分は、賃借権の場合には、借りている土地に建てられた建物を他の人に売却するような場合には、必ず土地の所有者の承諾が必要になる事です。これに対して地上権という物は、借りている土地の上に建てられた建物でも、建物に関しては自由に売却や転貸することができるようになっております。ちなみに2016年現在において、借地権を使用して一軒家を建てて生活しているような場合には、ほとんどの所が賃借権になっております。

このように借地権とは聞きなれない言葉かも知れませんが、非常に生活に密接な関係を持つ物ですので、こちらのページで簡単にですが借地権についてご説明します。